行政書士の勉強計画モデルケース(6ヶ月くらいある場合)

*

行政書士の勉強計画モデルケース(6ヶ月くらいある場合)

行政書士の試験までに、どれくらいの勉強時間をとれるのか、……
それによって勉強計画も変わってきます。
行政書士に関心を持ったり、行政書士試験を受けると決めたりしたときが
何月頃かは人によってバラバラです。
期間が短い場合もあれば余裕がある場合もあるでしょう。
このページでは6ヶ月くらいある場合にどんな行政書士勉強計画が妥当になるのか
例をひとつ具体的に出しましょう。

学習計画
6ヶ月くらい(大まかに書いて、5~7ヶ月前後)ある場合は、行政書士の一発合格を
狙うにあたっては、まずまず手頃なタイムヴォリュームだといえます。
ただし余裕があるかと言われれば、正直なところ、たいしてありません
無駄のない勉強を進める必要があります。

※以下の勉強計画については、こちらのページをまず読んでから参考にしてください。

6ヶ月くらいの行政書士勉強計画(前期)へのアドバイス等


できれば前期は長めにとったほうがいいでしょう(とはいえ、全体の半分以上を割くようでは
いただけませんが……三分の一をある程度超えるくらいまでのほうが無難でしょうか)。
テキストは最低でも合計で3周かそれ以上はしたいものですが、
この期間の間に1~2周はしたほうがいいでしょう。

試験に出る最新の法改正の内容も、6ヶ月くらいで狙うのなら、
最初の時点でもう決まっているでしょう。
春ころから教材を手に入れて使いはじめる以上、最新版のものを確実に手に入れましょう

6ヶ月くらいの行政書士勉強計画(中期)へのアドバイス等


過去問をはじめとした問題集の出番がさらに増えるこの時期ですが、
前期と中期あわせて3~5回以上は全問題をやり込みたいものです。

なお、真夏の盛りにあたるこの時期ですが、試験の申し込みの情報が流れたら
早めに動きましょう。
そして、模擬試験が各地で開かれます。受けることは必須ですが、機会があるなら
数回受けるのもいいでしょう(ただし、適当に受けるのでは意味がありません。
できなかった部分は必ず集中勉強して、受けるたびに得点力が上がるようにがんばりましょう)。

6ヶ月くらいの行政書士勉強計画(後期・末期)へのアドバイス等


順調に進んでいれば、ある程度余裕を持ってまとめに入れるはずです。

もっともほとんどの場合、苦手な科目や部分がどこかにあるものです。
2ヶ月かそれ以下の時間しかないのですから、
腕試しの模試や、その結果を踏まえての対策等(学校や通信講座が提供する、単科講座を
利用できるチャンスも、このケースならまだあります)に油断せずに集中しましょう。
時間がない場合は、無理に予想問題集に手を出すよりも、過去問やテキスト、六法といった
最初からの教材だけに集中したほうがよい可能性もあります。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら