行政書士の勉強計画モデルケース(1ヶ月半~2ヶ月だけの場合)

*

行政書士の勉強計画モデルケース(1ヶ月半~2ヶ月だけの場合)

行政書士の試験までに、どれくらいの勉強時間をとれるのか、……
それによって勉強計画も変わってきます。
行政書士に関心を持ったり、行政書士試験を受けると決めたりしたときが
何月頃かは人によってバラバラです。
期間が短い場合もあれば余裕がある場合もあるでしょう。
このページでは1ヶ月半~2ヶ月だけの場合にどんな行政書士勉強計画が妥当になるのか
例をひとつ具体的に出しましょう。

2ヶ月、あるいは1ヶ月半くらいしかない場合でも、毎年駆け込みで行政書士試験の
申込みをする受験者は全国的に(驚くことかもしれませんが)出てきます。
正直なところ、絶望的なのですが……それでも受けるとなったらベストを尽くすべきですね。

学習計画
※以下の勉強計画については、こちらのページをまず読んでから参考にしてください。

「1ヶ月半~2ヶ月だけ」の行政書士勉強計画(前期)へのアドバイス等

インプットにかける時間はほとんどないのが実情です。
テキストの熟読にかける時間が決定的に足りない以上、
「過去問(特に、新しい順に2~3年分を中心に)を開いて、
出てくる範囲をテキストからどんどん探して学習する」
という方法が妥当でしょう。
学校や通信講座を使うとしたら、あまり講座に種類はありません。
一部でやっている短期集中型の特別の講座か、科目別の講座くらいしかありません。

なお、ぎりぎりの時期に試験の申し込みをする以上、
手続きにケアレスミスが出ないようにくれぐれも用心しましょう。

「1ヶ月半~2ヶ月だけ」の行政書士勉強計画(中期)へのアドバイス等

模擬試験は、やっている可能性はまだわりとあります(が、地域的な違いもあります)。
受けられる模試があれば、時間がまったくないとはいえ、1回でも受けたいところです
(が、これも無理そうなら仕方ありません。PC等で受けられるテストで
代用するくらいのことはしたほうがいいのですが)。
無理なら素直にあきらめて、問題演習に残された時間を使いましょう。
過去問を、少しでも多めに解きましょう

※予想問題集等を開く余裕はほぼないはずですが……
 もしあっても、まずは過去問を優先することをこの場ではおすすめしておきます。

「1ヶ月半~2ヶ月だけ」の行政書士勉強計画(後期・末期)へのアドバイス等

事実上、中期と後期の区別は、このような激短の場合では「ありません」。
それでも、試験日までのわずか数日でもかまいませんから、まとめの時間にしましょう
少しでも自分に欠けていそうな部分を優先しながら、
あらゆる手を尽くしてインプットを続けましょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら