行政書士の勉強法三択(独学・通学・通信)どれが最適かチャートで決めるなら

*

行政書士の勉強法三択(独学・通学・通信)どれが最適かチャートで決めるなら

行政書士の勉強法は、どうやって選択したらいいでしょうか? 

勉強法
他のページでそれぞれの特徴については説明済みですが、
ほとんどの受験者にとって共通して妥当だと考えられる選択方法をここで描いてみましょう。

チャート
このチャートでは、すべての条件を盛り込み切れているわけではありません
(簡潔さを大事にする意図もあって、
すべての条件をごちゃごちゃと詰め込まないように配慮しています)。

※たとえばですが……
家にいるとつい遊んでしまうなどの恐れがある」
周りがみんな学習に打ち込んでいるような環境にいると、自分も身が入る
といった場合には? 

……そうした場合なら、他の条件がそろっている場合であっても
比較上は「通学」がやはりいちばん向いているということになってきます。

※たとえば? 
学校が近くても、普段の行動範囲から外れていて遠回りになる」
予算等はあっても、仲間ができるとつい雑談等をしてしまうため、教室に行かないほうが無難」
といった場合には? 

……そうした場合なら、他の条件がそろっている場合であっても
比較上は「通信講座」がやはりいちばん向いているということになってきます。

(補足)通学や通信型のスタイルの多角化にも目を向けましょう

通学や通信講座というスタイルについては、最近は
提供する側がフレキシブルな体制を導入するようになっているため、
受験する側にとっても、フレキシブルな取り入れ方が選択肢に入るようになっています。

例を出しますと、通学型には「欠席後のフォロー」として
他の授業への振替出席が可能であったり、校舎内で前日の抗議のビデオ視聴が可能だったり
します。
また通学と通信を併設する業者の場合は、それぞれの利用者が単発の形で逆の講座を
(EX.通信受講者が学校の授業を数回特別に受けに行ける)使えるようなサービスも
考案され、すでに一定の評価を得ています。

(しつこいようですが)決定には慎重になりましょう

やはり、勉強法のスタイルを決めるときはできるだけ選択肢を広く見渡して、
集められる資料はできるだけたくさん集めて、
細部まで目を通してから決めるに越したことはないでしょう。
くれぐれも、時間がたってから後悔することがないように
(選ぶときの時間を、かけすぎてしまうことも禁物ですが……)。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら