行政書士の勉強法は事実上、次の三択となります

*

行政書士の勉強法は事実上、次の三択となります

行政書士に受かるにはどんなポイントが大切でしょうか? 「どんな勉強法を取り入れるのか」
……によって、やはり大きく左右されてしまうことは事実です。

勉強法
行政書士の勉強法にもいろいろなチェックポイントがありますが、
「教えてもらうか? 教えてもらわないか?」「教えてもらうなら、どんな方法で教わるのか?」
といったポイントで検討することも忘れてはいけないでしょう。

そういったポイントで探すと、行政書士の勉強法には、以下の3通りが出てきます。

「行政書士の受験勉強を教えてくれる学校へ、通学する」という勉強法

これがいちばんよく選ばれている勉強法ではないでしょうか。

行政書士の受験勉強も、ほとんどの志望者にとってはとても専門的で複雑で、
そう簡単に取り組める難易度だとはいえません。
そのためにさまざまな学習機関が、行政書士の講座を開講しているのです。

さまざまな資格の講座を開いている巨大なスクールがやっていることもあれば、
何らかの専門学校や大学といった本格的な教育機関が開講していることもあります。

「行政書士の教材や添削指導を送り届けてくれる通信講座を利用する」という勉強法

これもかなり一般的な勉強法になっています。
行政書士の受験勉強を教えてもらえる点では、通学と変わりませんが、
それを自宅で成り立たせてくれます。


教材を送ってくることはどの業者でも共通していますが、
「やった部分を送り返して添削を受ける」といった通信教育で昔から続く手法については、
とっているところもとっていないところもあります。

通信教育も、さまざまな資格のスクール、ないし大学のような教育機関が
提供していることもあれば、通信教育だけを提供している業者もいます。

「誰にも教わらずに、独学する」という勉強法

これは一般的な勉強法だとはいえません。
しかし行政書士の世界では一定の人気がある勉強法でもあります。

ようするに、誰にも教わらず、頼らずにひとりで勉強をするわけです。
必要な教材を取りそろえる作業も原則として自分ひとりでやることになります。

しかしメリットもいくつかあるため(他のページ参照)、
試みる人が毎年いなくなってしまうことはないようです。

※それぞれの勉強法のよしあしについては他のページで詳細に説明します。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら