行政書士の勉強法の率直なメリットデメリット~通学編~

*

行政書士の勉強法の率直なメリットデメリット~通学編~

行政書士の受験にあたって、通学という方法を選ぶとどうなりそうでしょうか? 
行政書士の通学をするときのメリットやデメリットを対照させてみましょう。
どんな人に向いているのか・向いていないのか、考えるときのヒントとしてご利用ください。

通学講座

通学という勉強法で行政書士を受ける場合のメリット

・プロの講師の授業を、定期的に聴講できる
これはとにかく巨大なメリットでしょう。

行政書士は法律の勉強が中心ですが、いきなり法令を読んでも「頭に入らない」と、
なってしまうのが普通です。
しかし通学講座ではおしなべて、わかりやすいカリキュラムがつくられていて、行政書士受験の
初心者でも問題なくついていけるようになっています。

・わからないことがあれば、講師に直接ぶつけることも可能
講義が終わってから講師をつかまえて質問できることも大きなメリットですね。
やはり、疑問点はその場で解消するに越したことはありません。

・さまざまなサービスを利用できる
高い授業料を払う分、自習室を使えたり模試を安く受けられたり、
といった優遇制度も多いのが普通です。

・仲間を見つけて、一緒に励まし合ったり交流したりするチャンスもある
特に仲間がいるとがんばれるタイプの人には、これまた大きなメリットとなるでしょう。
ただし、あくまでも仲間は仲間ですから、なれ合いにならないように注意できることが前提です。

通学という勉強法で行政書士を受ける場合のデメリット

・高い授業料が発生する
学校によって授業料は変わります。安いスクールもあります
(ただし安さだけで選ぶことは禁物です。授業の中身が最優先ですから)が、
平均すると15万円から20万円くらいはとられます。

・通学するたびに、時間と体力を消耗させられることになる
学校までの通学時間の長さや通学手段にも左右されますし、
1日のスケジュール全体にも左右されますが、1週間に数回は地道に通い続けないといけません。

しかし行政書士の受験者は、仕事や家事を抱えていることが普通ですし、
人によっては育児や家族の介護、あるいはメインの学業を抱えていることもあるでしょう。
だからといって、休みがちになっては意味がありませんし、
休まなかったとしても、疲れていて授業をろくに聴けない状態であれば、
学習効果は薄れてしまいます。


・通学するだけで満足したり、頼り切ったりしてしまうこともある
日々の授業に出席しているだけではいけません。授業をよく見聞きしないと意味がありませんし、
帰宅してからも自宅で復習・予習等を自発的にやらないといけません。

※他の勉強法(通信・独学)とも比較した上で、
 まとめて自分に向いた勉強法を検証することが大切です(他のページでさらに説明します)。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら