行政書士の勉強時間を計算する前に必要な発想とは?

*

行政書士の勉強時間を計算する前に必要な発想とは?

行政書士試験に合格するには、まとまった勉強時間が必要になるという常識があります。
スピーディーに進めれば、他人の三分の一近くの勉強時間でも行政書士に受かる例も
実在します
……しかし結局の話、必要な勉強時間には個人差も大きく、
全行政書士受験者に対して共通の勉強時間の目安は簡単には設けられません。

勉強時間
含みを持たせて総合の勉強時間を提案するなら、300~800時間くらいになります。
個人差がありますから、どうしても数百時間以上の差がついてしまいます。
上手な勉強法(このサイトの他のあちこちのページに書いていますが)と
上手なスケジュールで進行すれば、素人でも300時間程度で受かる可能性が高まることは
断言できます。しかし、どこかでつまづくことがあれば、一気に遅れが生じますから
1000時間くらいの勉強時間をかけたほうがいい人が多いこともまた真実なのです。

行政書士の勉強時間を見積もる前に、忘れては困るポイントがあります


「勉強時間は、毎日コンスタントに費やす」……これが、行政書士の受験においては大前提です。
もちろん、毎日確実に同じくらいの時間を取れるなんて人は皆無に近いでしょう。
しかし、全然勉強できない日がしょっちゅう連続するようではスムーズな合格は難しくなります。

勉強時間は、たっぷりとあるほうが望ましいことは事実です。
しかし、ただ長ければOKなわけでもありません
密度の濃い勉強を繰り返すことの大切さは、時間を長くかけることの大切さを上回ります。

トータルで、じゅうぶんな勉強時間を消化できるようにする計画の例


社会人であれば当然勉強時間は限られるでしょうし、
だいたい主婦や学生であっても、そんなに暇な人は多くありません
(むしろ時間をやりくりしないといけない例のほうが多いでしょう)。
失業者やフリーターであっても時間は大切なはずです。


とにかく、忙しいとはいっても……どの日も平均して2時間は費やしてほしいものです
(可能なら3時間かけてほしいところですが)。
これはウィークデーの話ですが、それでは休日はどうでしょうか? 
週に2日くらいはその倍以上の勉強時間をかけたいものです。
当然休日は、普段の日に足りなかった分(勉強を休まざるを得なかった分)を
取り戻す機会でもあります
。たまには、6時間以上かけることもたまには必要になるでしょう。

さて、今提案したような例で勉強していくと、どうなるでしょうか? 
平日に2時間、休日に4時間かけると月間で70時間に達します。
これを半年続けると400時間を越えるため、射程圏内に入るといえます。
9ヶ月続けると600時間を越えますから、じゅうぶんな勉強時間だと考えてもよいはずです。

これはひとつのサンプルですが、この式をアレンジすれば
全体でどれくらいの勉強時間を持てるのか、考えやすくなるのではないでしょうか? 
平日に3時間にすれば、月間で90~100時間になる可能性が出てきますし、
5ヶ月で600時間の計画を立てたいなら、月に120時間勉強できるように
調整すればいいわけです。

あれこれとシミュレーションをして、
自分に合った行政書士受験計画および勉強時間を、上手に計算するようにしましょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら