行政書士の勉強に成功するために、自宅の状況を見直すとき

*

行政書士の勉強に成功するために、自宅の状況を見直すとき

行政書士の勉強をするときは、勉強時間のことばかりが話題になるようです。
しかし、勉強場所についてもそれなりに注意を払ったほうがいいこともあります。
もともと「どんな場所でも勉強できる」「どんな環境でも集中して勉強できる」
という人は多数派ではないのではないでしょうか? 
勉強場所を整備することや、勉強場所の選択肢を豊富に持つことも、
行政書士の受験勉強ではわりと大切なことです。

家で勉強する方法

行政書士の勉強は、自宅で(自室で)行うのが基本ですが……


基本的に、自宅で(自室で)勉強することが勉強の基本です。
それは、通学する場合でも変わらないはずです
(主婦の場合、リビングやダイニングルームで勉強したというエピソードも
ときどきあるようですが)。

自室を、勉強に集中できるように整えることはとても大切なことです。
とはいえ、自分でできることには限界もあります。
うまくいかないときは、思い切った判断も必要になるかもしれません。

自室を、行政書士の勉強に最適かどうかチェックするとしたら


・音がしないかどうか、うるさくないかどうか
これは住まいの周囲にも影響されます。壁が薄い部屋に住んでいるような場合は
うまくいかないかもしれません。
もちろん、家族がいる場合は家族に協力してもらうことも必須となるでしょう。

・部屋の照明について
部屋が暗いことは勉強にかなりの悪影響を及ぼします。
必要があれば、机の位置や器具の状態を改善することが大切でしょう。

・勉強に集中できる雰囲気かどうか
これがいちばん大切なことではないでしょうか。
特に、自室にいると(家族を除いて)誰かが勉強を促してくれるわけではありません。

自分が10代のころを振り返ってみましょう。自然に受験勉強に打ち込めた実績がある人は、
問題はないかもしれません。
しかしつい遊んだり手を抜いたりしてしまった記憶が多い人は、
自室がベストの勉強場所とはいえない
恐れが浮上します。

特に、TVやPC、コミック類やゲーム類、CDやiPod……と、
だらけてしまう原因になる品物が自室にはたくさんあるのが当たり前ですね。
こうしたものにすぐ手を伸ばさなくてもよいようにする努力も必要でしょう。
すぐ取り出せない場所に片づけてしまうという手もあるでしょうが、
PCや携帯電話類ともなると、日常的に使うものですからしまうわけにもいかないでしょう。
通信機器でもありますし、電源をずっとオフにしておくことも難しいかもしれません。

自室の条件を申し分ない状態にできないときは


自室での勉強は、行政書士志願者にとっては必ずやらないといけないことでしょうが、
状況によってはときどき他の場所を使うことも検討するとよいでしょう
(自室での環境整備をおろそかにすることはいただけませんが)。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら