行政書士の勉強がなかなかはかどらないとき(行政法の一般的な法理論 の場合)

*

行政書士の勉強がなかなかはかどらないとき(行政法の一般的な法理論 の場合)

行政書士の勉強法の極意といえば、どの科目もまんべんなく地道に続けることです。
とはいえ、受験者にはそれぞれ得意科目や不得意科目が出てくるのが当たり前です。
それに、オーソドックスなやり方を踏襲しようとしてもうまくいかないこともよくあることです。
……そんな事情を考慮して、科目ごとに
ちょっと見方を変えた勉強法やアドバイスを書いておこうかと思います。
「これをやれば、どんな人でもうまくいく」というわけではありませんが、
なかなかはかどらないときに、試してみると打開策となる可能性ならあります。
ここでは「行政法の一般的な法理論」のちょっとユニークな勉強法です。

行政書士の勉強中、これで行政法の一般的な法理論の進捗に弾みをつけられる可能性も


一般知識の勉強方法
つかみどころがないことと、量的な負担が大きいことから、
「行政法の一般的な法理論」を不得手にする行政書士受験者は、毎年かなり出ています。

結局、苦しくてもあきらめずに時間を惜しまずに取り組むこと、
特に、テキストや過去問の往復を繰り返して一歩一歩進んでいくしかない……
などとよくいわれますが……なかなか進まないと焦りが強まるでしょう。
しかし、出そうな部分を当て推量するのも危険です。まずは原点に戻って、
登場する単語の定義から確認していきましょう、特に紛らわしい単語があると思ったら
それらの違いをよく対比させて覚え分けましょう
。そのあたりの解釈があいまいなまま
先へ進もうとして立ち往生してしまうケースは、本当によくあることなのです
(面倒だと感じても、こうしたことをひとつひとつ洗い直すことが、
根本的な打開策となると考えてください)。
その上で、行政をつかさどる組織と、それらが管轄する行政行為の
具体的な手段やその効力について進んでいくようにしましょう。

なお、「行政機関の保有する情報の公開に関する法律」はよく「情報公開法」と略されますが、
その名の通り、一般知識科目の「情報通信・個人情報保護」とかかわりがあります。
つまり一般知識科目のそれの勉強内容と並行して進めるだけで
「行政法の一般的な法理論」の習得に弾みがついた事例も、行政書士の合格者の体験談からは
出てきます。こうした手も使ってみるとよいでしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら