行政書士の勉強がなかなかはかどらないとき(民法の場合)

*

行政書士の勉強がなかなかはかどらないとき(民法の場合)

行政書士の勉強法の極意といえば、どの科目もまんべんなく地道に続けることです。
とはいえ、受験者にはそれぞれ得意科目や不得意科目が出てくるのが当たり前です。
それに、オーソドックスなやり方を踏襲しようとしてもうまくいかないこともよくあることです。
……そんな事情を考慮して、科目ごとに
ちょっと見方を変えた勉強法やアドバイスを書いておこうかと思います。
「これをやれば、どんな人でもうまくいく」というわけではありませんが、
なかなかはかどらないときに、試してみると打開策となる可能性ならあります。
ここでは「民法」のちょっとユニークな勉強法です。

民法の勉強の仕方

行政書士の勉強中、これで民法の進捗に弾みをつけられる可能性も


民法で合格不合格が決まってしまう受験生は、行政書士の試験においては
残念なことにあとを絶たない様子があります。

民法の習得が芳しくない行政書士受験生の動向を探ると……
順番通りに読んだり解いたりしようとして座礁に乗り上げている
構造がなかなか頭に入っていかない」なんて傾向が出てきます。
良心的なテキスト類には、凝った図解を見せながら丁寧に説明してくれるものが多いのですが、
それでもうまくいかない人はたくさん出てきてしまうようです。

そうした場合は、法令の条文に目を向けてみるのも悪くありません。
といっても、行政書士の民法の試験問題において条文が頻出するわけでありません……
だからこそ条文をおろそかにする傾向が出てくるのでしょうが、
条文、さらには判例も使って「どんな場合にどんな解釈になるのか」
そうした点から民放の構造が頭の中でうまいこと形づくられるように仕向けてみましょう。

もう少し補足するなら、自分で実際に図解を描いてみましょう。テキストや参考書に
すでに図解は何パターンも掲載されているため、そこまでしたくないという受験生が
多いのですが、立ち往生してしまうのであれば、そこまでやったほうが正解でしょう。
テキスト・過去問・六法を往復する間に図解を描きながら、
民法の骨組みに近づこうとすることで、理解が育まれるのです。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら