行政書士の勉強がなかなかはかどらないとき(文章理解の場合)

*

行政書士の勉強がなかなかはかどらないとき(文章理解の場合)

行政書士の勉強法の極意といえば、どの科目もまんべんなく地道に続けることです。
とはいえ、受験者にはそれぞれ得意科目や不得意科目が出てくるのが当たり前です。
それに、オーソドックスなやり方を踏襲しようとしてもうまくいかないこともよくあることです。
……そんな事情を考慮して、科目ごとに
ちょっと見方を変えた勉強法やアドバイスを書いておこうかと思います。
「これをやれば、どんな人でもうまくいく」というわけではありませんが、
なかなかはかどらないときに、試してみると打開策となる可能性ならあります。
ここでは一般知識科目の「文章理解」のちょっとユニークな勉強法です。

行政書士の勉強中、これで一般知識科目の「文章理解」の進捗に弾みをつけられる可能性も


文章理解

幅広い知識・情報のほかに、国語力および臨機応変な柔軟性が要求される科目です。
ここでも時事的な問題がつきまとい、そのことが……
この一般知識科目の「文章理解」を行政書士受験者にとってさらに厄介なものにしています。

最新の社会情勢等については、他の一般知識科目と同様の方法で対策をすることになります。
ヴォキャブラリーや日本語を操る能力については、
(本来ならば)一朝一夕には育めるものではありませんが……それでも、
自信がない場合は何らかの措置を行わないといけません。
過去問を読んで出題のパターンを念頭において、
傾向を見抜くと同時に演習を積んでいく
べきでしょう。
この科目については、予想問題を多くやって実力を鍛えることも大切でしょう。

その意味では、「一夜漬け」に近い勉強法はいただけません……
もちろん事情がある受験者もいるわけですが。
勉強期間が3~4ヶ月かそれより短い受験者の場合は、
他の法令科目を優先せざるを得ない人もいることでしょう。
しかしそれでも、一般知識科目の「文章理解」については、行政書士受験勉強の
初期段階から一定量を毎日地道にこなすようにしたほうが得策です。
時間がほとんどないときでも、過去問ないし予想問題を若干でも解いていくと、
毎日文章理解力および文章構成力が刺激される
ことになり、
この科目にふさわしいレッスンをしたことになるはずです。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら