行政書士の勉強がなかなかはかどらないとき(憲法の場合)

*

行政書士の勉強がなかなかはかどらないとき(憲法の場合)

行政書士の勉強法の極意といえば、どの科目もまんべんなく地道に続けることです。
とはいえ、受験者にはそれぞれ得意科目や不得意科目が出てくるのが当たり前です。
それに、オーソドックスなやり方を踏襲しようとしてもうまくいかないこともよくあることです。
……そんな事情を考慮して、科目ごとに
ちょっと見方を変えた勉強法やアドバイスを書いておこうかと思います。
「これをやれば、どんな人でもうまくいく」というわけではありませんが、
なかなかはかどらないときに、試してみると打開策となる可能性ならあります。
ここでは「憲法」のちょっとユニークな勉強法です。

勉強がはかどらない場合

行政書士の勉強中、これで憲法の進捗に弾みをつけられる可能性も


こちらのページでも書いているように、行政書士の憲法では条文をよく読んで理解することが
何よりも大事です……ちょっと文言が変わっただけでも、
すぐに気が付けるくらい理解したい
ところです。

※……このように書いてしまうと、「条文をまるまる暗記しろ」といっているように
聞こえてしまうかもしれません。絶対にそこまでする必要があるのではないですが、
読み込みと深い理解が必要なことは事実です。
「判例から読みましょう」なんてさかんにいわれているのは、そうした事情もあるわけですね。

条文も判例も極端に難しいものはそんなにありません……
ただし、古くて読みづらい判例ならありますね。
また、判例は最低限抑えたほうがいいものだけを読むのではなく
(時間がないときは仕方ありませんが……)なるべく時間があれば
重要だとみなされている判例は目を通すに越したことはないものです。

というわけで(こちらのページでも説明していますが、やはり)
憲法では判例を利用することが条文の深い理解への着実なルートとなるでしょう。
判例を裁判所のサイトから検索したり、判例の専門資料・文献を借りてきたりした経験がある
合格者も実際にいます

適切な判例を抜粋している教材を使っているときはそれだけで事足りるはずなのですが、
重要な判例を、判旨だけではなく全範囲を読み返してみると、
急にわかりやすくなってくることもある
のです。

※ただし、最初の段階からそこまでするのは効率的ではないでしょう。
最初のうちは、憲法をうまく理解できなくても、行政書士の
他の科目ともども一周することを優先して、2周目以降にそうした勉強を行うべき
でしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら