行政書士の勉強がなかなかはかどらないとき(地方自治法の場合)

*

行政書士の勉強がなかなかはかどらないとき(地方自治法の場合)

行政書士の勉強法の極意といえば、どの科目もまんべんなく地道に続けることです。
とはいえ、受験者にはそれぞれ得意科目や不得意科目が出てくるのが当たり前です。
それに、オーソドックスなやり方を踏襲しようとしてもうまくいかないこともよくあることです。
……そんな事情を考慮して、科目ごとに
ちょっと見方を変えた勉強法やアドバイスを書いておこうかと思います。
「これをやれば、どんな人でもうまくいく」というわけではありませんが、
なかなかはかどらないときに、試してみると打開策となる可能性ならあります。
ここでは「地方自治法」のちょっとユニークな勉強法です。

行政書士の勉強中、これで地方自治法の進捗に弾みをつけられる可能性も


地方自治法は、行政書士の法令科目の中でも条文がすさまじく長くて多い科目です。
その上、個別に調べたり覚えたりしないといけない部分が山のように出てきます。
過去問を見て重要な順に取り組むこともひとつの手だ、ということは
こちらのページでも書いていますが、そのほかに、きりのいいところで区分けして、
時間的効率を重視しながら計画を立てる
こともおすすめです。

地方自治法
なお、どうしてもすべてを終わらせられそうにないと思えたら、
テキストと過去問(・予想問題)の勉強に集中することにして、
条文の確認は必要最小限にとどめるようにすることも必要になる可能性があります
優秀なテキストを使っているなら、どの条文を率先して研究する必要があるのか
示してくれるはずです
ね)。条文を毎回確認する時間がない場合は、
条文が指し示す法則を理解して覚えていくようにすれば、
何とか正解を導き出せるようになることも不可能ではありません。

※なお、地方自治法は憲法と似ている部分がある法令でもあります。
憲法の勉強と並行させることで、深い理解につながるチャンスもあります。

さらに補足をすると、公務員試験の問題・参考書が役に立つ可能性もあります
地方自治法が出る部分を探してやってみるという手を使って、合格したという現職の行政書士も
います……ただし「チャンスがあればやってみる」程度でじゅうぶんでしょう
(これは、余裕がない場合ならわざわざそこまでする必要はないだろう、という意味です)。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら