行政書士の世界には補助者という職業もあります

*

行政書士の世界には補助者という職業もあります

行政書士には「補助者」という制度があります。
行政書士の受験者の間でよく話題になるわけではないですが、
「補助者になることでいくばくかのメリットがあるのでは?」という話もときどき
出ていますが実際はどうでしょうか。

行政書士補助者

行政書士の補助者は制度化されています


行政書士法にも、「補助者」については確固とした記載があります
行政書士の補助者は、その名前の通りで行政書士のアシスタントとして働く者を指します。
開業型の行政書士の大半は、あまり人を雇わないのですが、
それでもアシスタントを雇うことは法的に認められ、制度化されているのです。

行政書士の補助者の業務とは


行政書士補助者の仕事の大半は、事務所内での事務作業から、
書類作成の下書きや清書まで、アシスタントにふさわしい仕事ばかりです。
このほか外出する頻度も高いことが多いです(官公署等に出向いて
手続き・申請を行ったり書類を提出したりすることが中心となるはず
です)。

単なる事務員との違いは何かといえば、事務員がやってはいけない仕事を任されることでしょう
書類の提出や、各種の手続き・申請は、ただの事務員や雑用係等には認められないのです)。

行政書士の補助者になるには


補助者になるには、都道県ごとの行政書士会に登録しないといけません
申請が通過すれば、「補助者証」が発行されます。
業務中はこれを携帯しないといけませんし、そのほかにも
行政書士に命令されていないことを勝手にやってはいけない
行政書士本人に代わって依頼を受けるようなことはしてはいけない
といった決まりがあります。

受験者がもし行政書士の補助者になるとしたら? 


行政書士の事務所等で働いたり、あるいは法律事務所等で働いたりして、
実務に接しながら受験勉強をすることの是非については、他のページでも書いていますが、
補助者として働くことも選択肢には含まれます。
ただの事務員や雑用の従事者として働くよりは、ある程度有利な面があり、
受験勉強や将来の業務遂行について足しになる可能性は確かにあります

とはいえ、勉強と仕事の両立は並大抵のことではありませんし、
メリットばかりではありません
(こちらのページでも言及していますが)。
チャンスがあっても慎重に判断してから踏み出す必要があるでしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら