行政書士のテキストや教材を、中古やオークションで買ったらどうなるか?

*

行政書士のテキストや教材を、中古やオークションで買ったらどうなるか?

行政書士のテキストは、実は中古で手に入れられるケースがたくさんあります。
中古ですから当然正規のルートで買うよりもだいぶ安くなるチャンスがあります。
しかし中古で買い集めて何の問題もないのか? ……そんなことはありません。
おおいに問題ありです。他のページでもふれてきましたが、その理由はいっぱいあります。

テキスト

中古の教材が行政書士の合格を遠ざける理由


行政書士のテキストや問題集をはじめ、たくさんの教材が最近は使われています。
自分のライフスタイルや好きな勉強方法に合わせて、選べる時代になっているわけです。

……というわけで、何かと便利な時代に突入しているのですが、
そこには厳然たるルールがあります。
それは、「古いものをつかんではいけない」
特に「ずっと古いものを使っていては絶対にいけない」ということです。
1年前のものであってもNGです。

理由はときどき他のページでもふれていますが
「中古の品では、情報が最低でも1年以上古びてしまう」ためです。
行政書士試験では、前年度の試験問題の内容や、本年度の法改正の内容がこの上なく重要です。
それがわからないまま受験しても無駄
なのです。

中古の行政書士の教材が、オークションやAmazonをはじめ各所で売られていますが……


Amazon等では、常に行政書士の教材が売られていますが、中古品も
当たり前のように混じっています。
レビューを読んで参考にする分には構いませんが、
安いからと言ってつい手を伸ばさないようにしたほうが無難
でしょう。
それと同様に、Yahooオークションやブックオフのような古書店の中古品にも
用心しましょう。いくら安いからといってそれで間に合わせることは禁物です。

※ブックオフのような店舗型の大型古書店の場合は、立ち読みできることも少なくありません。
 立ち読み可能な場合なら、どんな教材なのか直接よく確かめられて助かりますが……
 それをそのまま買っていつまでも使い続けることは、望ましくないわけです。

最新版の教材がまだ出る前だったら? あとから最新版を買うことにしたら?


「(勉強スケジュールの)途中まで使って、あとから最新版を買う」という方法なら
正直、ぜんぜん考えられないなんてことはありません。
それでもやはり最初から最新版を買っていたほうが断然正解でしょう。

……まだ最新版が出る前から勉強をはじめる場合
(たとえば、行政書士の試験が終わった直後から)だったら、
「その時点での最新版しか手に入らない」こともあるでしょう。
その場合は仕方ないといえば仕方ないですが、必ず最新版を追って入手して
勉強内容をコンプリートしなくてはなりません。つい忘れてしまう人も毎年いるようですが……。

中古ではない、最新版の教材が確実に手に入る行政書士勉強法とは?


学校や通信講座会社が教材をつくる場合は、途中から必ず
最新の試験内容や法改正の内容を盛り込んだものを発行・配本することがほとんど
です。
法改正の内容が確定する前から開講された場合でも、あとからその内容を反映した教材を
提供してくれます。

独学よりも通学や通信による勉強法が有利な点は、ここにもあるというわけです。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら