行政書士のダブルライセンスの注意点(絶対に必要なことではない?!)

*

行政書士のダブルライセンスの注意点(絶対に必要なことではない?!)

行政書士は独立・開業を目指すときに適している資格です。
こうした資格も種類が多いのですが、学ぶ内容等に関して、
行政書士と共通点がある資格も少なくありません。
法曹関連の資格を中心に、行政書士がダブルライセンスを実行するときに
向いている資格も何種類もあります。

しかしここで正確に認識しておかないといけないことがあります。
行政書士はダブルライセンスをしやすい資格であるいっぽう、
ダブルライセンスをせずに単独で成功を収めることもしやすい資格
だということです。

ダブルライセンス

行政書士が、「ダブルライセンス必須」と早とちりされている背景


行政書士という資格への認知度が高まるにつれて、さまざまな噂や憶測が流布しています。
そのひとつで、「行政書士になるならダブルライセンスをしないとまずいことになる」
といった趣旨のものがあります。

確かに、開業したもののうまくいかずに「開店休業状態」になったり、廃業したりするケースは
たくさんあります。
ダブルライセンスによって、仕事の幅を増やしてそうした結末を避けようとする考え方が
広まったのも一理あります。

しかし行政書士は、「ダブルライセンスをしないと、いまどきは生き残れない」
というわけでもありません。
現に、安定した売り上げを毎年上げて、成功を収めている現職の行政書士の様子を探ると、
ダブルライセンスをしていないケースは山のように見つかる
のです。

行政書士にとってダブルライセンスはひとつの方策です


他のページでも説明していますが、ダブルライセンスをしたいなら、
それなりの計画を立てて行ったほうが失敗しません。
ただなんとなく、「ダブルライセンスをしないとよくないだろう」といった動機から
手を出すのは効率的ではありません

もうひとつの資格を取得することはおろか、行政書士の仕事についても
うまい具合に集中できなくなる可能性も出てきます。

行政書士は、単独資格でもじゅうぶんに生き残れる資格です。
ダブルライセンスはもちろん無限の広がりを持つことが可能な手段ですが、
それにこだわる必要もないことは、受験者は覚えておいたほうがよい
でしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら