行政書士のダブルライセンスのチャンス/FP(ファイナンシャル・プランナー)の場合

*

行政書士のダブルライセンスのチャンス/FP(ファイナンシャル・プランナー)の場合

行政書士として成功するために、ダブルライセンスを使うという手が人気を博して久しいです。
ダブルライセンスをすれば必ず成功するわけではなく、
しっかりとした戦略を持つ必要はあるものの、確かにうまくやれば
仕事の幅もキャリアもまとめて豊かなものになる
可能性があります。

行政書士のダブルライセンスでよく名前が上がるメジャーな資格について、
せっかくですから個別に取り上げたいと思います……ここでは
行政書士とFP(ファイナンシャル・プランナー)のダブルライセンスに関して、ですね。

ダブルライセンスで営業する

行政書士のダブルライセンス/FP(ファイナンシャル・プランナー)とはどんな資格? 


FPとは、アメリカで発達した資格です。仕事の幅は一定ではなくて広いですが、
依頼者のために金融・財政に関する計画を立てたり、アドバイスや提案をしたりする仕事だと
考えるとわかりやすくなるでしょうか。
日本ではまだ金融機関に勤務する人たちの資格というイメージが強いですが、
独立・開業する例も今後増えるという意見があります。
独立したFPは、主に個人の依頼人向けに保険の見直し(損をせず、得をする
生保や損保の加入法・使い方等のアドバイスを行う)ことが多い
ですが、
今後はそれ以外の面での活躍も期待されています。

行政書士ダブルライセンス/FP(ファイナンシャル・プランナー)の資格も合わせて活かせる仕事とは? 


独立型のFPと行政書士の仕事が重なるとすれば、それはやはり財政に関する部分です。
真っ先に思い当たるのは、相続や事業承継といった部分でしょう。
もともと近年は、相続に関する手続きのトラブルが全国的に増えています。
こうした問題を、FPの知識で解決したり、行政書士の技能を活かして書類作成を行ったり
(ようするに、遺言書等ですね)する
ことが実際にすでに各地で行われています。

∀行政書士のダブルライセンス/FP(ファイナンシャル・プランナー)を取得するには? 

FPの資格はかなり複雑にできています。FP試験を管轄する団体は単一ではありませんし、
それぞれが主催する資格試験もかなり複雑に絡み合っているのが実情です。
大まかに書くと、FP試験は国家資格である「FP技能士」と民間資格である
「AFP」「CFP」に分かれます
。できれば両方を順序よく取得していきたいところです。

FP技能士は1~3級に分かれていますが、こちらについては最低でも2級、できれば1級が
ほしい
ところです。民間資格についても最低でもAFPがほしいところです。
いずれにしてもFP試験は受験資格が複雑で、いきなりFP1級を受けるといったことは
できません……段取りよく受かっていく必要があります
3級程度であればあまり時間をかけずに合格できますが、1級やCFPとなると何年も必要です
(実務経験も必要になります)。そこまで目指すならそれなりの準備を行うことになります。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら