行政書士のダブルライセンスのチャンス/税理士の場合

*

行政書士のダブルライセンスのチャンス/税理士の場合

行政書士として成功するために、ダブルライセンスを使うという手が人気を博して久しいです。
ダブルライセンスをすれば必ず成功するわけではなく、
しっかりとした戦略を持つ必要はあるものの、確かにうまくやれば
仕事の幅もキャリアもまとめて豊かなものになる可能性があります。

行政書士のダブルライセンスでよく名前が上がるメジャーな資格について、
せっかくですから個別に取り上げたいと思います……ここでは
行政書士と税理士のダブルライセンスに関して、ですね。

行政書士と税理士のダブルライセンス

行政書士のダブルライセンス/税理士とはどんな資格? 


税理士は、所得税や法人税といった、さまざまな税金の申告を請け負います
税金の計算からその納付、そして書類の作成といった一連の作業を行う職業で、
全国の企業ほか、利益を出している民間の組織にとって税理士は非常に大切な存在です。
最近の税理士は、節税対策や経営コンサルティング、法人設立といった具合に
業務の幅がだんだんと広がっている傾向もあります。

行政書士ダブルライセンス/税理士の資格も合わせて活かせる仕事とは? 


行政書士と税理士のダブルライセンスにはかなりの可能性があります。
企業の設立から経理業務~さらには毎年の決算業務、そして経営に関するアドバイスまで
幅広く行えるチャンス
がありますし、業種によってはさまざまな許認可業務を
全面的に請け負うこともできるでしょう。

もともと税理士は、中小企業にとってはなくてはならない存在です。
行政書士の場合はあまり「顧問」という概念が残念ながら強くありません。
しかし税理士であれば顧問という形で、安定した契約を交わすチャンスも増えます

行政書士のダブルライセンス/税理士を取得するには? 


税理士の資格取得には、かなりの難関が待ち受けています。
なお税理士試験には受験資格がありますが、行政書士として3年以上活動していれば
それだけでOKになります。

税理士の試験には科目が多いのですが、5科目に合格することが原則です
(一度に受かる必要はありませんが)。試験の難易度はかなり高く、
数年越しの勉強計画も必要になるでしょう。
また、税理士として登録するには試験に受かるほかに実務経験を2年以上積む必要もあります。
ダブルライセンスを本当に目指すなら綿密な計画を立てることが大切でしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら