行政書士のダブルライセンスのチャンス/司法書士の場合

*

行政書士のダブルライセンスのチャンス/司法書士の場合

行政書士として成功するために、ダブルライセンスを使うという手が人気を博して久しいです。
ダブルライセンスをすれば必ず成功するわけではなく、
しっかりとした戦略を持つ必要はあるものの、確かにうまくやれば
仕事の幅もキャリアもまとめて豊かなものになる可能性があります。

行政書士のダブルライセンスでよく名前が上がるメジャーな資格について、
せっかくですから個別に取り上げたいと思います……ここでは
行政書士と司法書士のダブルライセンスに関して、ですね。

行政書士と司法書士のダブルライセンス

行政書士のダブルライセンス/司法書士とはどんな資格? 


司法書士とは、不動産の登記や供託といった手続きを行う資格です。
そのほか、裁判所や法務局に提出する書類の作成や法人登記、さらに簡易裁判所の訴訟代理等
行うことができます。弁護士と比べたら活躍できる範囲は狭くなりますが、
法律の相談を持ち込める場として機能することが求められている資格でもあります。

∀行政書士ダブルライセンス/司法書士の資格も合わせて活かせる仕事とは? 

特に法人設立の場合にダブルライセンスの強みが顕著になります。
司法書士は法人登記を行えますが、企業にとって必要な書類のいくつかは、
行政書士でも作成することが可能です(定款や議事録といったものがその代表格でしょう。)
司法書士は土地の登記も主たる業務ですから、土地に関する書類作成を行政書士の資格で行えば、
まとまった形で仕事をとれるようになる
可能性もあります
(これは、不動産関連資格である宅建にもあてはまることですね)。

行政書士のダブルライセンス/司法書士を取得するには? 


司法書士も毎年1回試験があります。ただし、筆記試験と口述試験に分かれており、
前者でまず合格ラインを超えないと後者に臨むことができません

合格率は、毎年5%を切っています。つまり行政書士よりも格段に難易度が高くなります。
それでも、ゼロから司法書士試験を志望するよりはいくぶん恵まれた状況で
スタートラインに立てます。とにかく司法書士試験を目指すなら、
行政書士試験よりもかなり厳しさを増すことを覚悟して臨むことになるでしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら