行政書士のダブルライセンスのチャンス/中小企業診断士の場合

*

行政書士のダブルライセンスのチャンス/中小企業診断士の場合

行政書士として成功するために、ダブルライセンスを使うという手が人気を博して久しいです。
ダブルライセンスをすれば必ず成功するわけではなく、
しっかりとした戦略を持つ必要はあるものの、確かにうまくやれば
仕事の幅もキャリアもまとめて豊かなものになる可能性があります。

行政書士のダブルライセンスでよく名前が上がるメジャーな資格について、
せっかくですから個別に取り上げたいと思います……ここでは
行政書士と中小企業診断士のダブルライセンスに関して、ですね。

行政書士と中小企業診断士のダブルライセンス

行政書士のダブルライセンス/中小企業診断士とはどんな資格? 


日本全国に無数にある中小企業。日本の企業の大多数を占めており、
ひとつひとつの規模は小さくても日本経済を牽引する重要な存在でもあります。
この中小企業の経営コンサルティングを行うのが中小企業診断士の中心の役割です。
経営コンサルティングは民間の業者をはじめ提供する職業がいくつもありますが、
国家資格では異例です。

行政書士ダブルライセンス/中小企業診断士の資格も合わせて活かせる仕事とは? 


中小企業診断士は、企業と顧問契約を交わして経営状態のチェックや指導まで、
コンサルティング全般を行えますが、これは毎月安定した収入を得られる可能性を意味します。

行政書士にも法人設立や各種の許認可業務ほか、企業と関われる業務は
かなりたくさんあります。さまざまな組み合わせが考えられる
でしょう。
企業から、書類作成の依頼を受けたあとに、信頼を勝ち得てから
中小企業診断士として安定した契約を手に入れたというケースも巷にはあるわけです。

行政書士のダブルライセンス/中小企業診断士を取得するには? 


中小企業診断士も国家資格で、年に1回試験があります
(ただし、1次試験と2次試験がある点は行政書士と違います)。試験の難易度は高いですが、
行政書士と同様に1年以内の勉強でも合格できるケースはあります。
もちろん合格率は決して高いものではなく、行政書士よりいくぶん難しいという意見も
ある程度です。ただし行政書士と重複する試験科目もあり、
行政書士合格者には有利な面もあります。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら