行政書士のおすすめテキストはどこがいいのか? 「うかる!行政書士」

*

行政書士のおすすめテキストはどこがいいのか? 「うかる!行政書士」

行政書士のおすすめのテキスト。それは最後には自分自身の目で選び出すものです。
とはいえ、膨大にある行政書士のテキストを全部手に取る時間は誰にもありません。
そこで世間でよくおすすめされている行政書士のテキストを
数点ご紹介しておこうかと思います。……とはいえ、受験者ひとりひとりで、
感じ方は千差万別であり、「大多数の受験者」が感じていることを列挙するにとどめておきます
(その点を承知の上で参考にしてください)。

ここでは、「うかる!行政書士(日本経済新聞出版社)」についてです。

うかる!行政書士

行政書士の定番おすすめテキスト「うかる!行政書士」はどんな教科書? 


解説が丁寧で、難解な文章で埋めつくされているわけでもないため、やる気がある学習者には
やりがいがあって頼もしい受験勉強のパートナーとなってくれる点が評価されています。
後述する「基本テキスト」は、1冊でも全科目を取り扱ってくれます。
限られた勉強時間でもひと通りの理解の土台をつくることができます。

その分、カバーする範囲が1冊でも広く、それなりのウェイトと厚さがあるため、
持ち運びには便利ではないと感じる人も出てくるでしょうか。
もちろんサブの教材の中には、持ち運びに適したサイズや分量のものもあります。
使い分けることが望ましいでしょう。
法令の条文の引用も非常に上手なため、六法の役割もある程度果たしてくれます

付属で問題集や入門編ほか、多数のラインナップがありますから、
慣れてきたら当然シリーズで購入していくほうが望ましいでしょう
予想問題集の充実ぶり、特に的中率には定評があります
過去問と合わせて試験対策に使う向きは多いですね)。

行政書士の定番おすすめテキスト「うかる!行政書士」シリーズの代表的なタイトル


※メインテキストからサブの教材まで含めた、代表的な書名・価格を並べておきましょう。

「うかる! 行政書士 総合テキスト」3240円
「うかる! 行政書士 入門ゼミ」1728円
法律初心者に理解できる内容を繰り出しながら、
本格的な試験勉強に入れるような素養を身に着けさせてくれます。
「うかる! 行政書士 総合問題集」2808円
過去問題+オリジナル問題で構成され、巻末に前年度の試験問題+解説が収録されています。
「うかる! 行政書士 直前模試」1296円
本試験と同じ形式で構成されたオリジナル問題を2回分収録しています。
「うかる! 行政書士 合格点突破 差がつく解法のテクニック」1836円
「総合テキスト」等から吸収した情報・知識をどう正解に昇華させるべきかを、
問題の性質にもとづいた解き方を解説しています。

※行政書士のおすすめのテキスト、「うかる! 行政書士」シリーズも随時改訂が
繰り返されています。最新版には変更部分も発生している可能性も高い点はご了承ください。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら