行政書士にはダブルライセンスという一種の秘策があります

*

行政書士にはダブルライセンスという一種の秘策があります

行政書士をこれから目指す人たちの大半は、合格後に独立・開業を選ぶことになるでしょう。
最近は行政書士の情報が増加していることもあって、開業を成功に導くための方法論も
さかんに論じられるようになりました。
その流れもあって、行政書士のダブルライセンスについてもよく語られるようになりました。

ダブルライセンス

行政書士におけるダブルライセンスとは


ダブルライセンスとは、「資格を二重に取得すること」を意味する言葉です。
ようするに行政書士のほかに、他の資格も取得するということです。

行政書士の場合であれば、ダブルライセンスにふさわしい資格は
行政書士の職業や学習内容に類似性がある資格ということになります
(他のページで説明しますが、法曹関連をはじめ、税務関連や財務関連、
あるいは労務関連や不動産関連でのダブルライセンスがよく選ばれている様子です)。

行政書士のダブルライセンスの有効性


ダブルライセンス、あるいはトリプルライセンスに挑戦することを
積極的に推奨する識者や学習機関も確かに一時期から増えています。
その理由(メリット)を並べてみましょう。

・2つ、3つの資格を持つことで、仕事の幅を拡大できる

ダブルライセンスの真骨頂とは、2種類の資格をどちらも活かして仕事をこなし、
キャリアや収入といった成功をつかむことです。
資格を増やせば打ち込める仕事を増やすこともやりやすくなります

※特に行政書士をはじめ、国家資格には「独占業務」が規定されているものも
 目立ちます。行政書士試験に合格して登録してから、どんな業務を専門にするかによっても
 変わってきますが、行政書士の資格しか持っていないことで、できない仕事ができて
 無念な思いをする
人が今までに少なからずいたことは間違いありません。
 ダブルライセンスをうまく行っていれば、こうした行政書士たちも
 複数の資格の独占業務を何ごともなく遂行できたということです。

・行政書士受験で仕入れた知識を、他の資格試験に流用できる

行政書士は法曹関連の資格ですが、法曹関連以外の資格でも、
法令の知識を必要とする資格試験は何種類もあります。
つまりこういった行政書士と重複する学習範囲がある資格試験を狙うときに、
まったく知識のない受験者よりも有利な条件でスタートラインに立つことができる
わけです。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら