行政書士になったら、他の士業との結びつきは大切? 

*

行政書士になったら、他の士業との結びつきは大切? 

行政書士になると、さまざまな仕事をする可能性があります。
行政書士は慣れてくると専門分野を持つことが多いですが、状況によっては他の士業の
人たちの助けを借りないといけなくなることもよくあります。

他の士業との共働は必要か

行政書士と他の士業との関係


「士業」と呼ばれる職業は往々にして、「独占業務」が設けられています。
これによって、それぞれの資格がいつまでも食べていけるようになっているともいえますね。
そして行政書士は、常に他の資格の独占業務に踏み込まないようにしないといけません
(登録の際に厳しく注意されるのですが)。

行政書士が深くかかわる可能性がある、他の「士業」は以下が代表的でしょう。

・弁護士
・司法書士
・税理士
・社会保険労務士
・不動産鑑定士

このほか、状況によっては以下の士業とかかわることもあるかもしれません。

・弁理士
・公認会計士
……etc.

行政書士は他の士業とWin-Winの関係になるほうが安全


これらの士業の助けが必要な場合、行政書士自身が「ダブルライセンス」を果たしていれば
自身ですべてを解決できる可能性もあるでしょうが、
やはりすべての資格の独占業務をひとりで行うわけにはいきません。

また、依頼された仕事に関して、部分的に他の士業の有資格者の協力が必須の場合、
「依頼人が探せばいい」という考え方もあるでしょう。
確かにそれが普通かもしれませんが、行政書士にコネがあれば紹介したほうが
依頼人にもその士業の人にも喜ばれる
でしょう。
常日頃から、士業の人たちとよい関係を築いておけば、
仕事を紹介される側になる可能性も出てきます

行政書士として開業したら、チャンスがあればできるだけ近隣の他の士業の人と
コンタクトをとるようにして損はないでしょう。
開業後に近隣の事務所を探して、挨拶して回る人も昔から少なくありませんし、
どこかで知り合った人には定期的に挨拶等を送ることもできるはずです。
また、知り合いの多そうな人に出会ったときはなるべく紹介してもらってもよいでしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら