行政書士にとって、自宅開業がふさわしい場合とは

*

行政書士にとって、自宅開業がふさわしい場合とは

行政書士として開業したら、事務所をつくる必要が出てきます。
この際に、自宅で開業するか、よそに事務所を構えるか……という選択を
迫られることになります。
ここでは、登録を終わらせたばかりの新人行政書士にとって、自宅で開業するほうが
望ましい状況を考えてみましょう。

行政書士が自宅を事務所にする場合

行政書士が自宅で開業したほうが妥当なケースを並べると? 


・経済的にゆとりがない場合
デビューしたばかりの行政書士は、登録までに30万円近い金額を
最低でも払っているはずですし、あまり金銭的に余裕がないケースが大半を占めるでしょう。
特に持ち合わせがない場合はやはり、自宅で開業したほうが妥当なケースは多いはずです。

行政書士はよく簡単に開業できる資格といわれますが、
経済的なメリットはやはり何物にも代えがたいはずです。

・働く時間や頻度をわざと制限する場合
また、専業の行政書士としてやっていくわけではないケースも多少あるでしょう。
たとえば、小さな子供を育てている最中の女性や、定年退職後に開業を果たした場合が
そのいいサンプルでしょう。
行政書士として活動する時間が限定されるのに、
よそに事務所を設けてもおそらく割に合いません
ね。

また、家事や育児、介護や看護等をやらないといけない場合は、
自宅を離れられないでしょうから必然的に自宅開業を選ぶことがほとんどでしょう。

・自宅にスペースがある場合
一戸建てに住んでいて、部屋や外からの訪問者を受け入れる出入り口に余裕がある場合は、
少し改造するだけで自宅兼事務所が完成するケースもあるでしょう。
訪問者のための駐車スペースを用意できる場合も同様です。


※ただし、気をつけたほうがいいこともあります。
集合住宅に住んでいたり、行政の地区計画を受けているエリアに住んでいたりする場合です。
こうした場合は、自宅を住居以外の目的に使わせてもらえない可能性があるからです。
契約書を確認したり、家主や不動産業者、役所・役場等に問い合わせたりすることも
必要なわけです。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら