行政書士に、2ヶ月や3ヶ月の激短で合格できるとしたら条件は?

*

行政書士に、2ヶ月や3ヶ月の激短で合格できるとしたら条件は?

行政書士の試験は、2ヶ月や3ヶ月でスピード合格を
首尾よく果たすことは可能なのでしょうか? 
その答えをイエスノーで答えるならノーではありません(成功例もこれまでに何例もあります)。
しかし、相当に長文の但し書きがつきます。


短期学習
行政書士の試験を3ヶ月で突破できるチャンスが多いと推定できるのは、

・行政手続に関する仕事を主業務として、数年経験している場合
・法令に関する仕事をすでにしている場合
・法令の勉強を、資格を取得できるような専門的なレベルで経験している場合
 (学校で専攻したくらいでは、それほど有利にはならないでしょう)


ちなみに、まったく上記のような条件がない、
行政手続に関しても法律に関しても門外漢だという人の場合は、
よほどの器用さや学習能力、そしてよほどの運勢に恵まれないとチャンスは望めません。

ここで断言してもかまわないでしょう。

行政書士の学校や通信講座を3ヶ月くらいの期間で利用できる? 


ちなみに、学校や通信講座の場合、「試験範囲をフルでカバーしたコース」が
3ヶ月程度で開講されることはめったにありません。

・範囲を区切っている講座(科目別etc.)
・かなりの勉強の経験があるような、いわゆる上級者向けのもの
・特別に準備された、短期集中型の講座


……といった内容がほとんどです。
この場合いちばん素人の受験者にとって役に立ちそうなのは、「短期集中型の講座」でしょう。
ただし開講しているところはそんなに多いわけではありませんし、
受講したからといって、合格の可能性が顕著に上がるわけではありません。

行政書士に2ヶ月や3ヶ月で合格できるという情報がたまに出ていますが……


(主に独学の場合のようですが)「2ヶ月や3ヶ月の猛特訓を
確実に合格までリードしてくれるような教材や勉強法」の、情報が
ときどき散見されます。

もっとも、これらはまず情報の信憑性や汎用性がありません。

・どんな人がつくっているのか(略歴が公表されていても、証拠はない)
・誰でも役立てられる内容なのか(その公開者にしかまねできない方法である可能性が高い)


このような事情がある以上、まねをしたほうがいいとはいいがたいものがあります。
それに有料のケースが多いですから、大損をする恐れがあります。

行政書士の3ヶ月受験計画を本当に実行するのならば


2ヶ月や3ヶ月かそれより少し長いくらいの時間でどうしても行政書士を受けるのなら、

・平日・休日の区別なく毎日何時間も勉強する
 (主婦や学生、ニート等ならチャンスがまだあるといえます)
・短期集中型の講座等を適宜利用する
・一種の力試しのつもりで受けに行く
 (翌年度の合格を最大目標にしたほうが現実的でしょう)


……といった条件をそろえたほうがよいのではないかと考えられます。
効果のない勉強法に時間や労力、そして費用をとられることがないようにしてほしいものです。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら