行政書士という資格は年収の面でチャンスがいっぱい? 

*

行政書士という資格は年収の面でチャンスがいっぱい? 

行政書士という資格がよく話題にされている理由のひとつに、年収や収入の可変性があります。

このような時代にあえて資格を取ろうと思うなら、年収が気になるのが当たり前でしょう。
行政書士の年収には確かに、自由業である以上(つまり開業した場合)金額に
大幅な違いが出ます。これは裏を返せば、高い年収をかなりのスピードで手に入れられる
ケースもある
ということです。

行政書士の年収の平均・相場はどれくらいなのか? 


年収という数値で推し量れる事柄を語る以上、ここでひとつグラフを参照してみましょうか? 


行政書士の年商調査 (注意)このデータは、何らかの団体や機関から発表されているものではありません。

実は行政書士の年収については、いわゆる「公式のデータ」なんてものにはお目にかかれない.はずです。それもそのはずで、行政書士の年収の実態を大々的に調査する団体もないからです
……あくまでも、小規模な調査やアンケートしかありません。
つまり、調査された行政書士の数も少数であったり、限られた地域であったりといった具合です。
結局、信頼性の高いデータはどこにもないということです。

それでもこれまでに、いくどとなく年収の調査やアンケートが行われています。
それらを総合すると、行政書士の平均的な年収は
500万円台から700万円台に収まる
と考えることができます。

この数値には、なかなか魅惑的なサインが見えているはずです。

現在の行政書士の年収の数値が意味するものとは


・年齢や前職等に関係なく、数年でまとまった年収を目指せる
今ではベテランの域に達している行政書士も、やはり開業当初から安定した収入が
入ってきたわけではありません。しかし、インタビュー等を試みると、開業してから
3~4年くらいで500万円を突破したという体験談はかなりの頻度で聞こえてきます。
それも、10年以上もの長期間家庭に閉じこもっていた専業主婦や、
20代前半くらいの社会でのキャリアを持っていない若年者
でも、
数年でじゅうぶんに自立していける金額を手にできるということです。

・上を目指すなら、数年での1000万円オーバーも決して夢ではない
「士業」という世界では、基本的に戦略ひとつで年収が飛躍するという共通点があります。
行政書士もその例外ではないのです。実際に、20代や30代でも年に1000万円前後を
稼いでいる例は珍しいものではないですし、数千万円という一流企業の社員でも
そう簡単には見込めない額を稼いでいる例も全国的に存在するのです。

行政書士は、年収やキャリアの開花のチャンスが豊富で、
なおかつ門戸が広く開かれている
資格なのです。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら