行政書士と、商工会議所・町内会・同友会・自治会……等の団体のコンタクトついて

*

行政書士と、商工会議所・町内会・同友会・自治会……等の団体のコンタクトついて

行政書士の仕事をうまく軌道に乗せるには、開業直後からあらゆる手を打って、
自身のPRに励まないといけません。その一環で、開業した周囲に存在する
商工会議所や町内会、同友会や自治会……といった組織に所属したり交流をもったりすることを
提案する人もよくいます。

地域密着活動で集客する

商工会議所・町内会・同友会・自治会……等の団体はなぜクローズアップされるのか


10代や20代といった若い世代の場合はあまりなじみがない知識かもしれませんが、
全国のどこに行ってもこうした組織はあるのが普通です。
行政書士に限らず、地域に密着した事業やサービスを心掛ける必要がある開業者
(たとえば医者等)もよくこうした組織に名前を連ねていることがあります


※特に都心部ではなくて、地方で開業する場合にはこうした組織と
良好な関係を育むことは大切
だといわれています。
地方では都心部と比べて、交友の手段にどうしても制限が加わります。

行政書士が、商工会議所・町内会・同友会・自治会……等の団体と上手に接触するには


ここで大切なことは、ただ1度挨拶に行って終わり、程度では不充分なことでしょう。
中には、会費等を定期的に支払っているだけというケースもあるようですが、
それだけではあまり有意義な結果にはならないかもしれません。

・挨拶ほか、顔を出すタイミングに注意する
相手方が何らかの作業で忙しいときに首を突っ込むことも、やはり非常識なふるまいと
みなされます。相手の状況を思いやる姿勢は、いつなんどきでも大切ですね。

・相手方が、どのような人間関係で構成されているのかをよく観察する
特に地方に行くと、こうした商工会や町内会といった組織は「近い血縁者で固まっている」
といった傾向が強くなります。同族意識や仲間意識が強いところによそ者が入るときは、
非常に慎重にことを運ばないといけません


・いきなり行政書士としての営業行為をはじめない
露骨に営業活動を行うと、嫌悪感を持たれる恐れがあります。
催されるイベントに参加したり、地域の活動に協力したりと、
積極的に地元に溶け込もうとする姿勢をアピールする必要があるでしょう。
時間をかけて自分の存在を認めてもらった上で、
どんなところに仕事の可能性があるか検討するほうが安全
でしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら