行政書士で開業して今後、成功を遂げるための発想とは

*

行政書士で開業して今後、成功を遂げるための発想とは

行政書士の仕事といえば、許認可に代表されるさまざまな書類の作成が中心です。
このほか、最近はADRといった方面での活躍も公式に期待されるようになっています。

……仕事の種類はそれなりに増えていますが、
ところで行政書士で開業して成功を目指すときにポイントとなるのは? 
やはり「どんな仕事をやっていくか」でしょう。
最初のうちは仕事をより好みしているような余裕はなかなか持てないでしょうから話は別です。
しかし慣れてきたら専門分野をつくるケースはよくあります。

行政書士が専門分野を開拓すること

特に大規模に成功している行政書士は、独自の発想で自身の価値を高めている?! 


もちろん「許認可業務」「法人設立」……、といった具合に業務を絞ることなら
すでにあちこちで行われています。しかしそれだけで終わる理由もありません。
さらに特化したケースでの成功例もすでに各地で報告されているのです。

※その具体例を……といいたいところですが、結局ひとりひとりの独自性が大事ですから、
よく見られる事例といったものも探しにくくなっています(本当にバラバラなのです)。
 
ここではある程度の種類分けをして説明しますが、こうした例があることを参考にしながら、
独自の成功方法を模索することが、現在の行政書士志願者には大切でしょう。

・かなりマイナーな種類の書類や手続き
行政書士は1万を超える書類をつくれるチャンスを持っています。そこで、まだ
行政書士の業務として確立されていないような種類の書類や手続きを専門にして、成功した例も
若干ですがあるのです。

・新しい法律や制度の登場に便乗
法令は常に変化していますが、中には時代の変遷に伴った変更もあります。
そこから、新しいチャンスを目ざとく発見した事例もあります。

・何らかの形で付加価値をつける
ありふれた業務でも、よその同業者がやっていないことまで上乗せして、
報酬を高めに受けたり安定して依頼を受けたりする例も多数あります。
単なる書類作成や手続きで終わらずに、顧客にとって非常にプラスになる(関連した)業務
合わせて代行したり、全般的なコンサルティングまでやったりすることで、
成功の道を見出している例もまた多いです。

・セミナーやイベント企画から営業・集客に結びつける
上の「付加価値」と関連しますが、その業務に関心を持つ法人や事業者を集めて
セミナー等を開いて、役に立つ情報の発信等に努めることで、収益および依頼・相談数の増加を
実現する手もあります。この方法は、他の講演やメディアへの出演依頼や執筆・出版等に
展開
した例も多数あります。

行政書士がいつまでも成功をキープするには? 


こうした方法で大事なことは、世の中の流れは常に変わっていることを忘れないことです。
ある時期までは有効だった方法も、突然効果を出さなくなることもあります
ひとつの方法論を見つけることができても、その方法にいつまでも頼れるとは限りません。
常にアンテナをあちこちに張りめぐらして、時代の需要に敏感でいることが大切でしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら