行政書士で開業したら、報酬の相場はどれくらい? 

*

行政書士で開業したら、報酬の相場はどれくらい? 

行政書士という仕事の見どころともいえる点に、報酬の高さや報酬の自由度があります。

行政書士がつくれる書類の数は途方もなく多く、当然報酬の相場にも違いがありますが、
ひとつの仕事を獲得するだけでひと月食べていける金額になることも珍しいとは言えません。

ここでは、現在の行政書士の主な業務について、どれくらいの報酬が発生しているのかを
まとめておこうと思います。

報酬

行政書士の報酬の平均的なデータ(業種別)


・建設業関係
業務の区分 平均的な金額
建設業許可申請(新規) 5~25万円
建設業許可申請(更新) 3~15万円
建設業変更届 1~10万円
電気工事業者登録 3~10万円


・不動産関係
業務の区分 平均的な金額
宅地建物取引業許可申請(新規) 5~25万円
宅地建物取引業許可申請(更新) 3~25万円
宅地建物取引主任者資格登録 3~5万円


・運送業関係
業務の区分 平均的な金額
一般貨物自動車運送業許可申請 50~80万円
貨物利用運送業許可申請 15~30万円
一般乗用旅客自動車運送業許可申請 30~100万円


・飲食~サービス業関係
業務の区分 平均的な金額
飲食店営業許可申請 5~10万円
深夜営業開始届 5万円
風俗営業許可申請(1~6号) 15~20万円
風俗営業許可申請(7、8号) 20~100万円
店舗型性風俗特殊営業開始届 10~15万円


・医療関係
業務の区分 平均的な金額
医療法人設立認可申請 50万円~
医薬品製造販売許可申請 30~50万円
医療器具製造販売許可申請 30~50万円


・その他、諸事業関連
業務の区分 平均的な金額
産業廃棄物処理業許可申請 10~50万円
旅行業登録申請 15~30万円
旅館業営業許可申請 10~20万円
貸金業登録申請 3~30万円
古物商許可申請 5~15万円


行政書士の報酬の平均的なデータ(団体・組織の創設や運営目的)


・企業の創設・運営等
業務の区分 平均的な金額
産業廃棄物処理業許可申請 10~50万円
旅行業登録申請 15~30万円
旅館業営業許可申請 10~20万円
貸金業登録申請 3~30万円
古物商許可申請 5~15万円


・法人の創設
業務の区分 平均的な金額
社会法人設立許可申請 30~100万円
財団法人設立許可申請 50~100万円
NPO法人設立許可申請 20~30万円


・外国籍者の在留・所属関連
業務の区分 平均的な金額
在留資格変更申請 1~25万円
永住許可申請 10~15万円
帰化申請 10~30万円
国籍取得届 10万円~


・契約書ほか権利や事実証明に関する書類作成
業務の区分 平均的な金額
契約書作成 1~25万円
告訴状・告発状作成 3~5万円
内容証明作成 1~3万円
遺言書の作成 5~10万円
遺産分割協議書の作成 5~10万円
成年後見制度(契約) 5万円~


・その他
業務の区分 平均的な金額
自動車登録申請 1~2万円
運転免許申請 1~2万円
農地転用届 5~10万円


※今回は、複数の調査結果をもとにして、金額にはなるべく幅を持たせて記載しています
ケースバイケースで、微妙に金額が実際には変わるかもしれませんが、
その点はご了承の上でご覧ください。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら