行政書士が開業後に使える営業・集客の手段とは(SNSを活かす)

*

行政書士が開業後に使える営業・集客の手段とは(SNSを活かす)

行政書士として開業したら、仕事を獲得することに集中しないといけません。
じっとしていても仕事が来ないことは火を見るより明らかですが、
さて行政書士にはどのような営業活動・集客活動があるのでしょうか? 
ここでは、Facebookのようなソーシャルメディアを使って集客につなげられる可能性を
検証してみましょう。

ソーシャルメディア~SNSとはどのような営業・集客の手段なのか


ソーシャルメディアという言葉は、世間の人々の間でひとり歩きしているかもしれません。
つまり人によって解釈があいまいですが、多くの場合、一般のWebサイトを除いた、
個人が情報を素早く発信できたり、仲間と素早く交流できたりするツールを指します。
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)はその代表格でしょう。
Facebookやmixiのような、一種のクローゼットな環境で使う会員制のサービスが多いですが、
大流行しているTwitterもSNSの一形態に定義可能です。

SNSを宣伝に役立てる
これらのソーシャルメディアは、ブログと同様に気軽に自身の情報を公開できるという
メリットがあります。Twitterは文字数等に制限が大きいものの、気軽さでは最高ですし、
また多数の人とつながれる点でも秀逸です。
いっぽうFacebookをはじめとした通常のSNSの場合は、多数の仲間に対して
かなりの文字や画像等を発信したり、共有したりできる点が優れています。
また、グループやコミュニティといった機能が備わっていることが多く、
特定の目的を持つ仲間同士が集まりやすい
点も無視できないものがあります。

ソーシャルメディア~SNSを行政書士が営業・集客に役立てるとしたら? 


こうしたSNSが、行政書士の営業や集客の主たる舞台になることはまずありません。
しかし現実に、多数の行政書士が自身の職業や名前を出しながら、
こうしたTwitterやFacebookを毎日熱心に使用しています

やはり自分がどんな行政書士なのか世間にアピールがしやすい点が評価されているようです。

特に、セミナーやイベント企画を行っているような場合や、著書を出したような場合は
こうした方法はかなりのインパクトがあるようです。通常のWebサイトやブログ等と
使い分けることで、高いPR~集客効果を出すことも現代の行政書士には可能でしょう。
それぞれの機能にまず慣れ親しむことが大切でしょう。
そこから、どうやって使うとよさそうなのかが自然と見えてきます。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら