行政書士が開業後に使える営業・集客の手段とは(Webサイトを活かす)

*

行政書士が開業後に使える営業・集客の手段とは(Webサイトを活かす)

行政書士として開業したら、仕事を獲得することに集中しないといけません。
じっとしていても仕事が来ないことは火を見るより明らかですが、
さて行政書士にはどのような営業活動・集客活動があるのでしょうか? 
ここでは、Webサイトを使って集客につなげられる可能性を検証してみましょう。

webサイトで営業する

Webサイトとはどのような営業・集客の手段なのか


Webサイトは、今では行政書士に限らずどんな士業・どんな事業者においても必須のものと
なっています。
年齢に関係なく国民全体が、何かあったらすぐにインターネットで情報を探す時代です。
行政書士も、事務所の公式サイトを持つことは当たり前になっています。
また、それ以外の形でもWebサイトをつくったり、またはWebサービスに参加したりしながら
集客に結びつけることが現代の行政書士の間では当たり前になっています。

Webサイトを行政書士が営業・集客に役立てるとしたら? 


Webサイトの強みは、ツールがあれば場所や時間の制限を受けずに情報のやり取りが
できることです。しかも同時に多数のユーザのアクセス・連絡を受けることができます
自身が得意と知る業務や請けたい業務について、Webサイト上にわかりやすい形で
掲載しておくことで、不特定多数の(潜在的な)顧客からの注目を集め、
また問い合わせや申し込みを受けることができるのです。

どんな行政書士でも必ずやったほうがいいことをあげるなら、
まず事務所の公式のWebサイトは必須でしょう。
連絡先や主力とする業務を明示することは当然ですが、特にPRしたい部分を上手に
強調することが何よりも大事です。それがうまくいけば、請けたい業務に関して
多数の相談を受けることができるようになります。

また、業務を説明するWebサイトをつくるという手もあります。
事務所の名前をいちばんに出す必要があるとは限りません、
業務の需要に見合った文章やメニューを盛り込むことで、その業務に関心のあるユーザを
引きよせ、うまい具合に問い合わせに誘導することも可能なのです。

Webサイトの種類もたくさんある時代ですが、いずれにしてもインターネットは
チャンスの宝庫です。行政書士にとっても、集客のチャンスでいっぱいの世界です。
自らにとって最適な形でWebサイトをオープンすれば、
どんな業務であっても大規模な集客成功へつなげることができる
はずです。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら