行政書士が活躍できる業務の代表/成年後見制度

*

行政書士が活躍できる業務の代表/成年後見制度

行政書士に合格したら、多くの場合開業を選択するのですが、その仕事内容について
個別に紹介しましょう。行政書士の活躍できる範囲の広さを見渡すと、
この職業の素晴らしさを再認識できるいい機会となるはずです。

行政書士の業務に新たなフィールドをもたらしてくれたものに、「成年後見制度」があります。
他のページでも随時ふれていますが、その内訳について大まかに説明します。

成年後見人

行政書士の業務/成年後見制度の需要の高さ


「成年後見制度」とは、成年に達していながらも、
第三者による後見が必要な人を保護する目的で制定された、といった経緯がある制度です。

肉体的・精神的に重度の疾患を抱えている場合や、高齢者の場合は、
法律行為を実施することがほとんど不可能になってしまうケースがあります。
そうなると、「財産の管理等をはじめ、法律行為は誰がやるのか
といった問題が生じてしまいます。
実際に、判断能力の衰えた高齢者が詐欺行為等の犠牲者になる事件はずっと前から
発生してきました
。こうした問題を防止するために整備されてきた制度のひとつが、
この「成年後見制度」です。

行政書士の業務/成年後見制度で活躍するフィールドが多い


成年後見制度の行使は、行政書士のような法曹関係者に限定されているわけではありません。
実際の話、身近な家族がやることだって珍しくはありません。
しかし行政書士のような法律に通じている人間が、その役目を請け負うことは
有意義な結果をもたらせます

行政書士は裁判等で依頼者の代わりをつとめることはできませんが、
この制度を通して後見人になることはできますし、依頼者の代わりに各種の交渉を行うことも
認められます
(もちろん書類に関する業務では出番がますます多くなりますね)。

高齢者の財産管理という観点で見ると、相続や遺言に関する業務も発生することがありますが、
 これらは個人相手の書類作成を専門にしたい行政書士にとっては、
 仕事の増幅にもつなげられるチャンス
となるでしょう。

行政書士の業務/成年後見制度の将来性


成年後見制度については、行政書士の仕事の中ではまだメジャーなものだとはいえません。
しかし成年後見制度を必要としている人たちは、
社会の高齢化等を背景として増加していくだろうと推定されています

実際に「この制度を行使する人間が足りていないのでは?」
といった意見もよく出されているのが実情です。

これから行政書士を目指す人に対しては、この分野で活躍する人材を目指す人が
多く出てくることが望まれています。興味があるなら、どんどん乗り出していける
チャンスです(そのための研修会やセミナー等も、やる気のある行政書士向けに
随時開かれている模様です)。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら