行政書士が他人と共同で事務所をやっていくとどうなる? 

*

行政書士が他人と共同で事務所をやっていくとどうなる? 

行政書士として開業する場合、ほとんどの場合まずは自分自身だけで事務所を
オープンするものです。しかし、状況によっては共同で事務所を構えるという手段もあります
(「よその行政書士事務所に、雇ってもらう」というパターンとはまた別の話です)。

実際に、他人と共同で事務所を開いている行政書士が増えているという情報も
ときどき出てきます(真偽のほどは定かではありませんが)。
少なくとも、目につくようになっているのは事実でしょう。

行政書士法人の注意点

行政書士が、事務所を共同で運営するケースを大別すると? 


行政書士が他人と共同で事務所を切り回す方法にもパターンがあります。

・同じ行政書士同士で、ひとつの「行政書士事務所」を切り回す

(「行政書士法人」については他のページで説明していますが)この方法ならば、
特に異なる専門分野を持つ行政書士同士が協力することで、
幅広いジャンルの仕事に対応できるようになる
というメリットが顕著です。

・他の士業の人と共同で、法律(ないし、経営なり何なりの)相談の事務所を切り回す

行政書士のかかわる分野も、弁護士や司法書士、あるいは税理士や、社会保険労務士、
不動産鑑定士……、といった具合に他の有資格者のテリトリーと近いものが少なくありません。
そうした分野の仕事を協力してこなしていけるチャンスも出てきますし、
また幅広い法律相談や経営相談etc.に、それぞれの強みを活かしながら
あたれるチャンスも出てくる
でしょう。

実際に行政書士が、他人と事務所を共同にしたら? 


いずれにしても、行政書士が他人と共同で事務所をやっていくにはたいへんな準備や覚悟が
必要になることはいうまでもありません。やはり、信頼できる相手を選びそこねてしまうと、
あとで取り返しがつかない結果になりかねない
からです。

また、仕事上のスキルや、一個人としての信頼性なら申し分がない場合でも、
もともとの相性が合わない
というケースもじゅうぶんに考えられます。
この場合は、毎日顔を突き合わせていると
だんだんとストレスがたまっていくことになるかもしれません。

共同で事務所をやっていくことを選ぶなら、かなりの準備や確認をしてからにするべきでしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら