行政書士がネットで仕事を獲得するには何の助けが必要? 

*

行政書士がネットで仕事を獲得するには何の助けが必要? 

行政書士は現在、いずれかの形でインターネットサービスを活用していることが
ほとんどでしょう。事務所の公式のWebサイトをはじめ、ブログやメールマガジン、
またFacebookやTwitterのようなSNS、さらにはリスティング広告や
ランディングページといった具合に、さまざまな種類が集客に用いられています。

インターネットを使った宣伝方法
ここで大事なことは、「よその行政書士も当たり前のようにそれらをやっていること」と、
Webサービスは進歩が激しく、素人にはついていけないところまでいっていること
でしょう。ようするに、行政書士で開業したらインターネットを甘く見てはいけません。
専門家のアドバイスが不可欠になってきているのです。

新人行政書士がWebサイトほかネットサービス運用するならプロの力が大切!? 


ブログやTwitterとなるともちろん頻繁に更新することが大事ですし、
もちろん自身で書いたり更新したりすることが大切(代筆サービスも一部にあるようですが)
でしょう……しかしこれらについても、専門家のコンサルティングは行われています。

それから本体のWebサイトに関しては、作成するだけでも一苦労です。
素人でも使える作成ソフトはありますが、それではもはや追いつきません。
Webサイトの作成についてはプロに任せないとレベルの高いものは手に入りません
それに、つくったあともたいへんで、「常に訪問してもらえる
行政書士サイト」であり続けるには、インターネットのプロによる対策が必須
なのです。

※たとえば、現代のインターネット文化を語る上で大切な言葉に
「SEO(Search Engine Optimization)」があります。
これは、特定の言葉について、YahooやGoogleといった検索エンジンで検索したときに
上位に表示されるようにする施策のことです。これがうまくいけば、
自身の事務所のWebサイトやブログ等が上位に表示される
ようになり、
常に注目されることが可能となるのです。

行政書士になったら、いずれは必ずネットの優秀な専門家を見つけ出して抱えることを忘れずに


このように、行政書士が営業や集客を成功させるにあたっては、
Web全般(最初の作成から、その後のメンテナンスや販促活動まで)において
プロのWebサービス業者の助けが必須となるわけです。
そのための費用を惜しむことは賢明だとは言えません。
もちろん、業者への報酬は決して安くはありません。資金が乏しいうちは
仕方ないかもしれませんが、長期的にはそれなりの費用を投じるほうが正解でしょう。

※注意したほうがいいこともあります。Webサービス業者も今では乱立状態になっており、
中には悪質な業者もいます。また、一生懸命にやっていても、
払った費用に見合わない成果しか出せない業者(実力に欠ける業者)もいます。
業者選びには慎重になったほうが無難でしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら