行政書士がよく推薦される背景(他の資格と年収で比べると?)

*

行政書士がよく推薦される背景(他の資格と年収で比べると?)

行政書士をまだよく知らない人には、どうして巷で行政書士が評判になるのか?
そこが謎のままかもしれません。
行政書士には捨てがたい魅力や長所があるわけですが、せっかくですから
他の資格と行政書士を比較することで、行政書士のよさを浮かび上がらせてみましょう。
ここでは行政書士を、他の有力資格・人気資格と平均的な年収で比較しましょう。

資格別平均年収比較

資格の年収の図表をつくれば、行政書士のよさがわかる?


行政書士ほか、有力な資格の年収の表(ジャンル別)
年収の幅 法律・労務 財務・会計・経営 不動産・建築 公務員
2000万円~ 裁判官
1500万円~ 独立行政法人理事
1000万円~ 弁護士 独立行政法人監事
800万円~ 弁理士
海事代理士
公認会計士
税理士
証券アナリスト
警察官
600万円~ 司法書士
労働安全コンサルタント
社会保険労務士
行政書士
アクチュアリー
中小企業診断士
不動産鑑定士
1級建築士
建築設備士
マンション管理士
国税専門官
税務署職員
国家公務員(一般)
地方公務員(一般)
公立学校教諭
海上保安官
刑務官
400万円~ 労働衛生コンサルタント
通関士
証券外務員 土地区画整理士
土地家屋調査士
管理業務主任者
※この一覧表は、調査時段階での結果にもとづいた平均金額で整理したものです。
調査するタイミングによっては資格の位置づけに入れ替わりが生じることはご了承ください。

行政書士の資格は、活動不充分な人を入れても悪くない平均年収に達している


こうした年収のデータについては、あくまでも個人個人で格差があり
(公務員に関しても、勤続年数で変わります。その他については当然能力しだいで
大差がつきます)
、平均年収にするとどうしても低めになりがちです。

それでも行政書士の年収は平均すると決して悪いものではないでしょう。
行政書士としてフルタイムで本格的に活動していない人たちをも含めた中で、
これくらいの数値に納まっているわけです。

法律関係の資格に限ってみても、行政書士よりも平均年収で上位にいる資格は、
いずれも行政書士より難易度の高い資格が中心(詳細は、こちらのページをご覧ください)
ですね。総合すれば、行政書士はちょうどいいくらいの難易度で取得できる資格であり、
堅実にやればしっかりと食べていける資格でもあることがはっきりとしてきます。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら