行政書士がよく大活躍している業務/宅地建物取引業免許申請業務

*

行政書士がよく大活躍している業務/宅地建物取引業免許申請業務

行政書士で開業したら、メインの仕事にできる業務は選び放題です……とてもひと言では
語り切れないほどたくさんあります。お宝の山とみなすことだってできるくらいです。
そんな行政書士の業務の中から、代表的なジャンルといってもいい業務をいくつか
取り上げておきたいと思います。ここでは「宅地建物取引業免許申請業務」に関して、です。

不動産業

行政書士の代表的な業務「宅地建物取引業免許申請業務」とはいったいどんな業務? 


「宅地建物取引業免許申請業務」とは、不動産業務を行いたいときに
(特に、不動産の売買を行いたいときに)許可を受けられるように取り計らう業務です。

行政書士はどこに行って「宅地建物取引業免許申請業務」をするのか? 


まずは都道府県単位で許可を受けることになるでしょう
(つまり知事の許可を受けるという意味です)。しかし事業者が大きく、
都道府県を股にかけて(つまり、2つ以上の都道府県に拠点を置いて)営業したいという場合は、
国土交通大臣の許可を受ける
ことになります。

行政書士が「宅地建物取引業免許申請業務」を行うときの流れとは? 


この業務においても、やはり許可を受けるにあたってクリアしないといけない条件が
たくさんあります。書類の作成はもちろん正確に実行しないといけませんが、
その前に……それらの条件を依頼者が満たしているかどうか確認し、
必要に応じてアドバイスを与える
ことが大事になってきます。

※また、「供託金」の手続についてもアドバイスを与える必要がしばしば発生します
 これは不動産という高額の財産の売買に手を染める以上、
 万一のときに補償となるような一定額の金銭を、前もって用意するように要求される
 ……というものです。

これからの行政書士にとって、「宅地建物取引業免許申請業務」の需要はどれくらい? 


不動産業は、特にどこの地域に行っても必要性が確実にある業種ですね。
それに、宅地建物取引業免許は定期的に更新も必要となります。

つまり行政書士にとっては、この「宅地建物取引業免許申請業務」を得意にすることは
どこに住んでいても仕事をとれるチャンスがあるばかりか、
継続した依頼を受けられるチャンスがあるということになります。
さすがに「周辺には、すでにお抱え行政書士がいる不動産業者ばかり」といったケースなら
難しいでしょうが、リサーチを重ねてうまく隙間を探した上で実践に移すなら
ハードルは一気に低くなるはずです。


⇒実際の行政書士の業務に関するインタビュー資料



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら