行政書士がよく大活躍している業務/入管(入国管理)

*

行政書士がよく大活躍している業務/入管(入国管理)

行政書士で開業したら、メインの仕事にできる業務は選び放題です……とてもひと言では
語り切れないほどたくさんあります。お宝の山とみなすことだってできるくらいです。
そんな行政書士の業務の中から、代表的なジャンルといってもいい業務を
いくつか取り上げておきたいと思います。
ここでは「入管(入国管理)業務」に関して、です。

出入国管理に関する業務

行政書士の代表的な業務「入管業務」とはいったいどんな業務? 


入管「入国管理局」のことなら、誰でも聞き覚えがあるでしょう。
法務省に属する部局で、外国人の出入国等をつかさどっています。
外国人の出入国や滞在等はどこの国でも厳正に管理されるのが常識ですが、
日本においてもさまざまな書類を提出したり手続きをとったりすることが求められます。
行政書士はそれらの煩雑な作業の手助けをすることを期待されているのです。

行政書士はどこに行って「入管業務」をするのか? 


行政書士は法務省/入国管理局にしばしば出向くことになる……と言い切りたいところですが、
実は書類の提出や手続きそのものは、依頼人が自身で行う必要が(原則として)あります。
ただし、行政書士がそれらを代わって行うこともできます。
そのためには、国が設けている「申請取次制度」を利用することになります。
この制度を使うには、指定された事務研修会(最後には、試験のようなものもあり、
決して簡単ではありません)を受講
し、それが終わったら申請手続きを行って、
法務大臣から認可を受ける必要があります

行政書士が「入管業務」を行うときの流れとは? 


依頼人がどんな立場にいるのか、何を求めているのかよくヒアリングする必要があります
(日本語で会話できる相手が多いでしょうが、思い違いを避ける上では
コミュニケーションのスキルは欠かせません)。
必要に応じて書類を指定して、用意をお願いします。
書類が完成したら、行政書士は入管に出向くわけですが、
状況によっては依頼人自らが出向くこともありえます。

これからの行政書士にとって、「入管業務」の需要はどれくらい? 


日本は四方を海に囲まれていて、長い間世界と隔絶された国でしたが、
時代の変化に伴い急速に国際化が進んでいます。
外国人の入国やビザ申請、さらには定住・帰化やといった手続きの件数は当面、
減ることはない
と推定されます。もちろん地域によって需要はかなり変わりますから、
実際に専門にしたいなら周囲の動向をよくリサーチしたほうがよいでしょう。


⇒実際の行政書士の業務に関するインタビュー資料



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら