行政書士がよく受ける可能性がある業務/相談業務

*

行政書士がよく受ける可能性がある業務/相談業務

行政書士で開業したら、メインの仕事にできる業務は選び放題です……とてもひと言では
語り切れないほどたくさんあります。お宝の山とみなすことだってできるくらいです。
そんな行政書士の業務の中から、代表的なジャンルといってもいい業務を
いくつか取り上げておきたいと思います。ここでは「相談業務」に関して、です。

相談業務

行政書士にとって「相談業務」とはいったいどんな業務? 


「相談業務」……、といっても、受験者にとってはピンとこないかもしれません。
しかし、相談に乗るだけでも実は、行政書士が報酬を請求することはじゅうぶんに可能なのです。

それから、相談だけで報酬を受け取るという仕組みは、行政書士だけのものではありません。
たとえば法曹界でいうなら、弁護士等もよくやっていることです。
法テラスのような、一般人に法律関係のサービスを斡旋する機関に行くと、
「30分~1時間まで無料の弁護士相談」といったサービスを紹介してもらえることが
最近目立ちますが、このことからも、「相談だけでも報酬が成立する」ことは
理解できるのではないでしょうか。

行政書士が「相談業務」で報酬を求めときの流れとは? 


とはいうものの、相談だけで報酬をとらないケースもよくありますし、
実際にいざ行政書士になったときに「いきなり相談だけで報酬を要求することに
ためらいを覚える」という人も多い様子です。

「相談だけでも、30分、あるいは1時間という単位で報酬を要求する」という行政書士も
当然たくさんいるわけですが、
「ちょっとした相談だけだったら請求をしない」というケースもまた多いです
(つまり特に長い相談になる場合から報酬を求めるというパターンですね)。
また、長時間の相談から正式な依頼に発展しそうな見込みが高いときに請求するという
パターンもよくあります。

これからの行政書士にとって、「相談業務」はどうやって受けていくといいのか 


相談するだけで報酬を請求していたら依頼が来なくなるのでは……と、
想像する受験者もいるようですが、
このあたりは結局、行政書士ひとりひとりの判断で分かれます。
なるべく短時間の相談でも請求する人もいれば、長時間の相談ではないなら請求しないという
人もいます。よく考えて決めればいいことです。
ただし、相談で報酬を求めるなら当然、それなりの回答を提供することが大切です。
報酬に見合った仕事を、ただの相談だけのときでも心掛けることが第一でしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら