行政書士が、開業直後すぐ揃えるべきアイテム/パソコンの場合

*

行政書士が、開業直後すぐ揃えるべきアイテム/パソコンの場合

行政書士試験に合格して、登録手続きを済ませたら、晴れて行政書士として
開業が可能になります。登録するだけでもけっこうな金額がかかりますが、
行政書士としてやっていくなら完備しないといけないアイテムもいろいろと出てきます。
それらについても多少情報を公開しておきましょう。
ここでは行政書士の業務で大きな役割を果たすパソコンについてです。

パソコン

行政書士にとってのパソコンの重要性


いまどきは行政書士ではなくてもどんな士業でも、パソコンの類はもはや必需品でしょう。
アナログなやり方だけでやっていくことはあまり考えられなくなっています。
電子申請が増えていく時代でもありますから、
パソコンを持つことと、その最新の使い方を常に取得することはこれからの行政書士にとっては
非常に大事なことです。

行政書士がパソコンを準備するとなったら


業務用にパソコン類を1台以上手に入れることが妥当でしょう。
自宅開業の場合は「プライベートのパソコンを当分の間、業務用と兼用する」
という手でも仕方がないかもしれませんし、
事務所から自宅に仕事を持ち帰る場合は、自宅のパソコンで仕事をすることも仕方がないですが、
原則として、プライベートとビジネスの間には区別を設けたほうがよいでしょう
(セキュリティの観点からも別々にするほうが無難です)。

行政書士がパソコンを準備するときに注意点があるとしたら


当然のことですが、安全面を考えて常にウイルスソフトを最新の状態に保てるように
しておく
などの配慮は必須です。また、プリンタ等の周辺機器も当然必要になります。
電子申請を行うなら、そのための対応システム等も手に入れないといけません

このほか、別にもう1台パソコンが必要になることもあるでしょう。
特に、事務所用のパソコンとは別に持参用のノートパソコン等を持っている人は多いはずです。
ただし最近は、タブレット端末で代用する人も多くなっています

※パソコンを普段からよく使っている人なら、開業後もじゅうぶんに使いこなせるでしょう。
しかしインターネットやメールといった特定の目的にしか使ってこなかったのであれば、
「開業前にパソコンスクール等で適宜必須スキルを身につける」といった対策を
講じることも大切です。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら