行政書士が、開業直後すぐ揃えるべきアイテム/電話の場合

*

行政書士が、開業直後すぐ揃えるべきアイテム/電話の場合

行政書士試験に合格して、登録手続きを済ませたら、晴れて行政書士として
開業が可能になります。登録するだけでもけっこうな金額がかかりますが、
行政書士としてやっていくなら完備しないといけないアイテムもいろいろと出てきます。
それらについても多少情報を公開しておきましょう。
ここでは行政書士の開業に絶対に必要な電話についてです。

電話

行政書士にとっての電話の重要性


電話以外の通信手段が登場している時代ですが、それでも電話の価値は薄れることがありません。
その点を繰り返す必要はないでしょうが、特に行政書士の場合は「1本の電話から
長い付き合いがはじまる」ケースがいまだにザラにある
ことは、よく肝に銘じるべきでしょう。

行政書士が電話を準備するとなったら


最初から事務所を専用に借りるなら、当然固定電話を引く必要があります。
留守番電話は当然必須でしょう。転送システムもあったほうが無難です
携帯電話に転送させるというやり方を選ぶことが多いようですね)。

※現職の開業型行政書士でも、留守番電話や転送電話をいっさい使わずに
 成功している例もあることは事実ですが、仕事を少しでも取り逃したくないなら、
 留守番電話や転送電話は必須ではないか
と考えられます。

電話を使ったサービスはいろいろと世の中に存在します。
たとえば、電話を代わりにとってくれるというサービスもあります。
契約しておくと、不在のときに代わりに(もちろん事務所の名前で)応答してくれて、
用件を聞いてくれたり連絡してくれたり……、といったものです。
費用はかかってしまいますが、上手に使っている現職の行政書士がたくさんいることは事実です。

行政書士が電話を準備するときに注意点があるとしたら


最初のうちは自宅兼事務所、というケースも当然ありますし、
もろもろの都合から自宅でずっと仕事を行う必要があるケースもあるでしょう。
その場合は自宅の電話をそのまま使うことになりそうですが、
家族がいる場合等は分けたほうがいいこともあります。

※自宅開業の場合、家族がいるなら不在のときに
 自分の代わりに取ってもらうということも可能
ですが……、
 あくまでも「行政書士事務所にかけている」ということが
 相手に伝わらなくて損をするケースもあります


 依頼者によってはかけ間違いと早合点してしまうでしょうし、
 あるいは「一人前の行政書士ではないのかもしれない」といった先入観を
 持たれることもないわけではないようです。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら