行政書士が、他の士業の事務所に就職しようとするなら

*

行政書士が、他の士業の事務所に就職しようとするなら

行政書士の試験に合格したら、行政書士として事務所をステージとして活躍する……、
それがごく普通のイメージでしょう。とはいえ、自身の事務所を最初からオープンするとは
限りませんね。他人が開いている事務所に入るという選択肢もあります。
ここでは新人行政書士が、他の士業の事務所に就職するパターンについて考察してみましょう。

他の士業との協働

新人行政書士が、他の士業の事務所に就職口を探すケースの現状


合格後に、他の士業の事務所に入る場合については、やはり経験を積むという
メリットがあります。この点では、他の行政書士の事務所に就職する場合
(こちらですでに書いていますが)とほぼ変わりません。

士業の事務所に入ろうとする場合、弁護士や司法書士の事務所がまず想い起こされるでしょうか。
もちろん税理士や社会保険労務士も考えられるでしょうし、仕事が特定される範囲では
測量師や土地家屋調査士も考えられます。どの種類の場合でも、求人情報が流れる頻度が
高いとはいえません
から、総合的に探していくほうがよいかもしれません
(もちろん、やりたいことを優先する必要はありますが)。

求人の数が限られることから、士業の事務所への就職活動には時間がかなりかかることや、
場合によっては自分から売り込みをかける必要があることもまた、
やはり他の行政書士の事務所に対して就職活動をする場合と共通します
(その意味では都心のほうが、選択肢が豊富になるかもしれません。
地方在住の場合は不利になるかもしれないことは覚悟しておいたほうがいいでしょう)。

新人行政書士が、他の士業の事務所に就職する前に忘れないようにしたいこと


士業の事務所も当然のことですが、取り扱う業務はバラバラです。
そこに就職して、行政書士としてスタートを切るなら、回ってくる仕事は
その事務所の特色に大きく左右されるはずです。

さっぱりやりたいことを勉強できそうにない事務所に入ってしまったら、
後悔することは目に見えています。「その事務所がどんな理由から行政書士を求めているのか」、
また「自分自身がどんな行政書士を目指していくのか」、その2点をよく考慮してから
就職先を決めることが大切でしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら